インフォシーク   楽天 OYAJI Hot-Dog PRESS - Infoseek 特集|ヘルプ

インフォシーク特集

本文へ
サービス一覧

OYAJI HotDog PRESS

 
トップ > マンスリー特集TOP > プチマッチョオヤジ講座 男ピラティスなるものをすなむ。

オヤジ・ビューティーブック プチマッチョオヤジ講座 男ピラティスなるものをすなむ。 これが、この夏、ビーチで恥ずかしかったあなたのためのエクササイズだ!!

とにかく暑かった今年の夏、久しぶりにビーチへ繰り出したオヤジも多かったのでは?  しかーし、緩んだカラダをTシャツで隠して海に入り、若かりしあの頃を懐かしみながらビール飲んで……。が、醜悪なる肉体を衆人の前にさらす勇気はない。こんなはずじゃなかった! じゃ、どんなはずだったのか!? 求めよ、オヤジ!! 美しい肉体を。あの頃のボディを。忙しいのがなんだッ!! 我らにはピラティスがある。どこでも鍛錬可能のピラティスが!!

<入門編>

「ラジオ体操」って実はピラティスだったの!?

素敵な肉体を手に入れるためのオヤジ改造計画。コーチングを受けにやってきたのは、ピラティススタジオ「BASIピラティス」新宿店。「なに?  ピラティス?  そりゃ女性のエクササイズでしょ? 」と思ってしまったアナタ。インストラクターの関口智弘さん(MOHI)に驚愕の事実を教えてもらいました。
「ピラティスをやったことがないと思っている方がほとんどだと思いますが、そんなことないんです。あの『ラジオ体操』って実はほぼピラティスなんですよ」

えぇ!! マジですか!! 全身をまんべんなくストレッチするラジオ体操。その一連の動きをきちんと呼吸を整えて行えば、ピラティスと同じ効果があるんだそう。「体が硬いオヤジになんて無理」はもう言い訳にすぎない! ラジオ体操同様、ピラティスに性別は関係なし。年齢を重ねても続けられる、むしろオヤジぴったりの運動だったことが明らかになってしまいました。

リハビリ・エクササイズとして生まれたピラティス

そもそもピラティスは、ドイツ人看護士ジョセフ・ピラティスさんが開発したリハビリを目的にしたエクササイズ。元々病弱だったピラティスさんは自分の体を人並にしたいと考え、西洋や東洋の医学、ボディービルディング・格闘技・Yogaなど、さまざまな医療や運動を研究しました。その結果、見出した結論が「大きな筋肉を動かすための小さな筋肉=インナーマッスルを鍛えること」でした。看護士としてピラティスさんは、戦争でケガをした負傷兵にこのエクササイズを勧めました。ケガで寝たきりになった人を回復させ、普通の生活に戻れるよう、ベットの上でできる簡単な運動法を考案したのです。

やがてアメリカに移住し、ブロードウェイでスタジオを開設。「体のきれいなラインを維持しながら筋肉を鍛えられる」「ケガをしにくい体をつくれる」と評判を呼び、ショウビズ界で働く俳優やダンサーの間ですぐに知られるようになりました。それはスポーツ界にも広がり、今ではMLBやNFLの選手はもちろん、テニスやボクシングの選手もトレーニングに取り入れています。日本にはハリウッドセレブや女優が実践するエクササイズとして紹介されたため、女性向けエクササイズとして認知が広りました。

「BASIピラティス」インストラクターの関口智弘さん「BASIピラティス」インストラクターの関口智弘さん(MOHI)

オヤジこそピラティスをやらなければならない理由

その1「現代人の体は、相当歪んでいる」

バランスが取れていない状態で運動しても、ケガをするだけ。肩こり、腰痛、背中の痛みは年齢相応なんて思っていませんか? 痛みの原因の多くは、体のバランスが崩れてしまって筋肉や関節にストレスがかかっているから。そんな状態でウォーキングをしても効果が上がるどころか、ケガをしてしまいます。ピラティスは健康な体づくりを目指すエクササイズ。歪んだ体を本来の姿に戻すことで、今までやっていた運動の効果は倍増するでしょう。

その2「あなたの体は思っている以上に動かない」

週末、時間が空いたときにジョギングをしたりゴルフに出かけたりと、定期的に体を動かしている方は多いと思います。しかし、運動をすることと、正しく体を動かすことはまったく意味が違います。「歩行」ひとつ見ても、町を歩く人のほぼ全員が、体に無理な負荷をかけて歩いている、と言っても過言ではありません。ピラティスは筋肉と関節の動きをスムーズにし、余計な力をかけないよう体を整えます。骨盤の動かし方を身につけるだけで、「今までは何だったの? 」と思えるくらい体が軽くなるのを実感できるはずです。

その3「機能的な体は見た目も美しい」

ポルシェは速くて格好いいスポーツカーの代名詞のような存在です。カタチとして美しいし、ラインもきれい。でもあのフォルムは格好よさを追求した結果で生まれたのではなく、速さを追求した結果のフォルム。人間にも同じことが言えます。見た目の良い体を作っても、動かなければダメでしょう? ピラティスを続けると機能的な動ける体を作ることができ、その結果見た目が良くなる。不純な動機でも全然構いませんから、ピラティスを続けてほしい。そうすれば絶対に健康になれるし、見た目も良くなりますから。

ピラティス イメージ

<準備編>

服装やマットはどうすればいい?

ピラティスの服装に決まったものはありませんが、動きやすい服装であれば大丈夫です。ウェア選びのポイントは動きを妨げない伸縮性と、汗をかいても早く乾く機能性の高いものがよいでしょう。また、エクササイズの際にフローリングのような硬い床で行うのは絶対にやめましょう。ケガや故障の原因になります。専用のピラティスマット、なければバスタオルを重ねて敷いた上で行ってください。何事もカタチから入るHDP世代としては、一式揃えて自分を追い込みましょう!

ピラティス イメージ

大切なのは「お腹を意識した呼吸法」

ピラティスの呼吸法は鼻から吸って口から出す「胸式(きょうしき)呼吸」です。酸素は肺にしか入らないですよね? 胸式呼吸は腹筋を締めておくことを言います。腹式呼吸はお腹が膨らんだりしますが、これは空気が入ったのではなく筋肉が緩んだ状態なんです。つまりリラックスする呼吸。胸式はお腹を平らにした状態を維持したまま、肋骨を広げたり、閉じたりしての呼吸をします。

なぜお腹に意識を置くのか? 別に腹式でもいいじゃないか? ピラティスが胸式呼吸を推薦するのは、人間の体でも重要な「腰」を守って、安全にエクササイズを行うためです。腰の骨から着物の帯のように体についているインナーマッスルは、腰を守るために働く大切な筋肉です。お腹を引っ込めた状態は、まさにこの筋肉を使っている状態。これが緩んでしまうと、腰を守る筋肉がなくなってしまいます。

ピラティスは息を止めて行うものではありません。「呼吸と動きをなじませる」のがポイント。呼吸をなじませないでピラティスを行うと、後には疲労しか残りません。まるで、お鍋を空焚きしているような状態。水がないのに鍋だけ熱くなり、エネルギーがどんどん逃げてしまうのです。ピラティスでは呼吸をしながらエクササイズをするのが重要。筋トレとは全然違うんです。
「呼吸」とともに大切なのが「必ずお腹を平ら(引っ込める)にする」こと。イメージはおへそと背中をくっつける感じ。ちょっときついズボンを履こうとするとき、お腹を引っ込めるのと同じです。腹筋を引きこみながら動く=お腹のインナーマッスルを使っている状態になります。

ピラティスは根性で乗り越えるものではない

回数を重ねる必要もありません。正確に表現するなら、回数を重ねられるほど楽な運動ではないんです。具体的には6〜8回で十分。なぜなら、どの筋肉を動かすのか、どのように体を動かすのかを、常に考えながら、呼吸と動きを合わせて行うから。これ、ものすごく疲れます。筋トレのように「おらー」とやるものではないんです。これがピラティスが単に「トレーニング」と呼ばれずにコントロロジー(精神をコントロールする方法)と言われる理由なんですね。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

「お腹を意識した呼吸法」のしかたはこちらのムービーで学ぼう

次へ

インフォシークのサービス: インフォシークTOP | ニュース | 楽天SocialNews | セレブニュース | K-POPニュース | 天気 | メールdeポイント | ツールバー | 楽天不動産 | 辞書 | 翻訳 | 乗換案内 | 楽天レシピ | みんなの調整 | 楽天woman | 恋愛・占い | 楽天ブログ | 楽天プロフィール | みんなで解決!Q&A | ポイナビ | 楽天政治 LOVEJAPAN | ラッキーくじ | ラッキーBINGO |