インフォシーク   楽天 OYAJI Hot-Dog PRESS - Infoseek 特集|ヘルプ

インフォシーク特集

本文へ
サービス一覧
the best web mag for the HDP generation
The Car Should Be Sexy 妻になぐられても手に入れたい「危険な香り」のするクルマはこれだ。 人気モータージャーナリスト2人が横浜ドライブデートしながら決定だ!! 小沢コージさん×吉田由美さん

ホットドッグ世代の青春を語るのに、クルマの話は外せませんよね!あの頃、クルマは絶対に欠かせない必需品でした。ところが、家族ができた今は、子供中心の生活になると2シーターなんて夢の話。そんな悶々とした思いを吹き飛ばすクルマを、旬の自動車ジャーナリスト2人がご紹介!「あの頃=80年代」の定番デートスポット・横浜を巡りながらご紹介します。

吉田由美(よしだ・ゆみ)
吉田由美(よしだ・ゆみ)

PROFILE短大在学中に 10個以上のミスコンタイトルを受賞(!)卒業後、モデル活動、安全運転講習インストラクターを経験し「カーライフ・エッセイスト」として執筆活動をスタート。女性誌、テレビ、ラジオ、イベントなどで幅広く活動中。

小沢コージ(おざわ・こーじ)
小沢コージ(おざわ・こーじ)

PROFILE自称、バラエティ自動車ジャーナリスト。大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。退職後、ニ玄社『NAVI』編集部に入部。その後フリーの自動車ジャーナリストとな り、一般誌や専門誌で活動中。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

1
スタート編
妻になぐられても手に入れたい危険な香りのするクルマはこれだ。

待ち合わせはマリンタワーの前

矢印
妻になぐられても手に入れたい危険な香りのするクルマはこれだ。

ちゃんとエスコートしないとね

矢印

山下公園沿いを颯爽と駆け抜ける跳ね馬!

フェラーリで来るなんて、聞いてないんですけど

日曜日の横浜、山下公園沿い。待ち合わせ場所のマリンタワー前はびっくりする程の強風。天気は良いのに、体感気温はむちゃくちゃ寒い! 編集YとカメラマンMが凍えながら2人を待っていると、彼方に見えてきたのはゴージャスな装いの女性。そして後ろから聞こえてきたのは、明らかに周りのクルマとは違う、官能的なエンジンサウンド! え? フェラーリ! 聞いてないよ〜。

小沢コージ(以下、お)おはよう! お待たせしました! 道、混んでてさ。

吉田由美(以下、よ)オザワくん、お久しぶり! ねー、どうしたの? フェラーリじゃない。

そうですよ。美女は美しいクルマでお出迎えしなきゃ。

あら、そんなこと言っても何も出ないわよ。

今日はオレや姉さんが通った横浜を巡りながら、イケてるクルマを考える趣旨でしょ。そしたら、それなりのクルマじゃないとさ。

それはありがと。それにしても、ちょっと昔のフェラーリって、今と雰囲気が違うよね。

そうそう。なんていうのかな、一言でいうとエロい!

色気があるってことね。

それにしても姉さん、キマってらっしゃる。うん、お美しい。

もう、ゴージャスな感じで来てって言ったののはどこの誰よ!

でもさ、ちゃんと期待に応えてくれるのがすごい。

あれこれ悩んだんだけど、80年代っぽいゴージャスって全然今っぽくアレンジできるのよ。

このデカいシャネルのバッグなんて、いい感じ。

でしょ?これなんてちょっと前まではリサイクルショップで買い取り価格がつかない程不人気だったのに、また人気が出て来たの。

へー、そうなんだ。

オザワくんと話してたら、なんか色々思い出してきた! 

姉さんの青春時代? 興味深い話がたくさん出てきそうだ。

ねえ、そろそろ出発しようよ。

はいはい。

……。

どうしたの? 

ドアが閉まったままなんですけど! 

あ、すみませんね。オレとしたことが(汗)はい、どうぞ。

ありがと。

さあ、行きましょうか。

颯爽と走り去るフェラーリ・モンディアル。やっぱり横浜だと絵になるなぁ。なんてつぶやいている場合じゃない! おーい、待ってくださーい。

元町・フェリス編
妻になぐられても手に入れたい危険な香りのするクルマはこれだ。

ちょっと寒かった元町散策

矢印
妻になぐられても手に入れたい危険な香りのするクルマはこれだ。

元町だとウインドウショッピングもひと味違う

矢印
妻になぐられても手に入れたい危険な香りのするクルマはこれだ。

きれいな外観の「フクゾー」。覚えてます?

矢印
妻になぐられても手に入れたい危険な香りのするクルマはこれだ。

一方通行の元町商店街。フェラーリにはちとせまい?

矢印
妻になぐられても手に入れたい危険な香りのするクルマはこれだ。

中華街の横を抜けて、目指すのは・・・

矢印
妻になぐられても手に入れたい危険な香りのするクルマはこれだ。

フェリス女学院!実はこちらは高等学校前

言ってみれば、元町は日本のロデオドライブ!

最初に寄ったのは元町。クルマは近くのパーキングメーターに停めてウインドウショッピングを始めた2人です。

さっき気づいたんだけど、モンディアルを携帯で撮る人が結構いるんだね。

私もそう思った。寒いのにオープンで走ってるからかと思ったんだけど。

確かに(笑)。オレが思うに、ちょっと最近のフェラーリと雰囲気が違うからだと思うんだ。

色気があって、ちょっとキケンな香りがするよね。

さっきも言ったけど、エロいんだよね。80年代ってすごくどん欲な時代だったから、表現が直球勝負。

わかる。何を度したいのかがカタチに表れてる気がする。だから「私はこれがしたいから、あのクルマを選ぶ」みたいなのがハッキリしてる。

モンディアルって一応4人乗りで最もカジュアルでナンパなフェラーリ。要するに、女の子を口説くためのツールになる。今のF1ばりのハイテクフェラーリは、デートに使うって空気漂わせてないもの。

そういうクルマって、今、少なくなって来てるよね〜。

お、そうこうしているうちにキタムラですよ。

キタムラフクゾーミハマ。80年代のファッションでははずせなかったな。

何か、全然古い感じしないよね。

いいものは時代に流されないのよ、ファッションもクルマも。

さすが姉さん、うまいこと言うなぁ。

こうやって歩いてると、元町の賑わいって変わらない感じがするのよね。

そうだよね。ここって日本のロデオドライブ的な場所だと思うんだ。

高級ブランド店はあるけど、どこか品がある。

それにさ、アメリカの空気が流れてる。アメリカって自動車文化じゃん。そういうのへの憧れみたいなのもきっとあったから、みんな通ったんだ。

オザワくん、そろそろ歩行者天国はじまっちゃいそうよ。

あ、ホントだ。そしたら、ちょっと寄りたいところがあるんだけど。

いいよー。

一方通行の元町商店街を抜けて、モンディアルは山の手へ。いったい小沢さんはどこに行くのかと疑問に思いながら後を着いていくと。

あら、こんなに小さかったっけ?

フェリス女学院! 

80年代+元町=フェリスでしょ。かわいい女の子いっぱいいたもんなぁ。

でも、校門でナンパはしないでしょ? 

できるわけないじゃん! 道狭いんだし。フェリスは元町ブランドの象徴。ちょっと昔を懐かしみたかったの。

ふーん。

それで、姉さんはデートで横浜は何度も来たでしょ? どんなクルマで来たの?

来たっていうか、連れてきてもらったのね。どんなクルマ? う〜ん……。

覚えてないの? 誰と来たとかは?

う〜ん。覚えている人と、いない人と……。

あぁ〜、ヒドイ。ヒドすぎる。これが現実か。

思い出した!先輩でトヨタ・スープラ!あとアルファロメオとか。

オトコはきっとキメる気まんまんでデートに誘ったんだろうね。それでさ、さりげなく走るわけさ。例えば「外国人墓地」とか「港のみえる丘公園」とかさ。

あー、確かにここ、何度となく通った気がする。

この辺はあの頃のオトコにとっては青春の第1コーナーみたいな場所だと思うよ。

こういう場所、今だったらどんなクルマが似合うかな。

この辺りを流すんだったら、やっぱりオープンカーだと気持ちいいよね。

私だったら、こないだまで乗ってたポルシェ・ケイマンの兄弟のボクスターとかいいと思うな〜

アイドル的っていうか、カッコつけられるクルマだよね。Z4とか姉さんも乗ってるTTってのもいけるでしょ。

いかにもキメてます! って感じだけどね。

それがいいんじゃない! デートなんだからさ。

と話が弾んでいる様子を後ろから伺いつつ、モンディアルは軽やかに走って行きます。そして次に向かったのは……。

本牧編
妻になぐられても手に入れたい危険な香りのするクルマはこれだ。

「タイクーン」にはディナーで来た方がいいですね

矢印
妻になぐられても手に入れたい危険な香りのするクルマはこれだ。

なつかしの「ドルフィン」前

矢印
妻になぐられても手に入れたい危険な香りのするクルマはこれだ。

読者諸兄になつかしいムーンアイズ・ショップ

矢印

特別なクルマで走ると、街まで特別に見えません?

クルマじゃなきゃ絶対来れない、日本のアメリカ

本牧に行く前に、ちょっとそこ左に曲がって。

なんかあったけ、こんなところに。

タイクーン

ああ!まだあったんだ!あのレストラン。

ここって、エスニック料理のハシリだよね。

夜はとても雰囲気ある場所だったはずなんだけど。

昼間くると、ちょっと・・・。

夢から覚めちゃった感じするかもね。


そしてクルマは埠頭の倉庫街を抜けて、本牧地区へ。道幅の広い目抜き通りはどことなくアメリカ的雰囲気が漂います。


来ました!本牧。

こここそ、クルマじゃなきゃこれないよね。

横浜の、特にこの辺りは米軍基地関連の施設とかあったから、間違いなくアメリカだった。今もそれは少し残ってるよね。

うんうん、そうだった。リキシャルームとか行ったよねぇ。今もうないんだっけ?

場所を変えてやってるらしいよ。

マンションがたくさん建ったから、ずいぶん街の雰囲気が変わった感じがする。


お、今すれ違ったの、昔のコルベットだよ。

スティングレーでしょ?

アメ車で古いクルマだと、ちゃんと格好よく見えるけど、日本車だって昔のクルマは結構イケてるって、最近思うんだよ。

昔って、どれくらい?

クラシックだと、60年代とか70年代になるけど、オレが最近いいかもって思うのが”プチ”クラシックカー。80年代の日本車だよ。略して「プチクラ」ね。

確かに、今みると新鮮かもしれない。

オレも最近、とあるプチクラ手に入れたんだけど、あらためて、いいなーって思う。

今のクルマは至れり尽くせりだから、プリミティブな感覚が面白いかもね。

ま、プチクラもオススメだけどさ。

本牧にはアメ車が似合うね。

古いクルマは色々メンテナンスに手がかかって大変だけど、マスタングとか最近復活したカマロとか。

古いデザインをうまく復刻させてるのが魅力ね。

たださ、今、アメ車って相当腹くくらないと乗れないよ。

時代は「エコ」だから。

ノスタルジーを大事にしている人か、相当なガンコ者かしか乗れない。

エコカーじゃないと奥さんも買うこと許してくれないよ、きっと。

奥さんに「これ買っていい?」って聞いてる時点でアウトでしょ。

そうね、そんな小さいオトコには似合わない。

アメ車だよ。「ハイブリッド?ついてねーよ」くらい、突き放すつもりで買わなきゃ。朝青龍クラスじゃなきゃクルマに負けちゃうよ。

逆にさ、「いいわよ、買いなさい」ってサラッと言える女性は素敵かも。

さて、根岸ですよ!ここを右折して坂道を上がって行くと・・・。

ドルフィン〜〜っ!ここも何回も来たなぁ。ドルフィンと言えばソーダ水。それで窓際の席に座って夜景を楽しむの。

ソーダ水なの?

お酒ダメだからピッタリなのよ、アタシに。

そうだったそうだった。

お腹空いたな〜。ここで食べていかない?

え?ダメダメ。ちゃんと見つけてあるから。

NEXT PAGE 「ランチ編」続く!!
Copyright © 2010 Kodansha Ltd. & Rakuten,Inc. All rights reserved.

インフォシークのサービス: インフォシークTOP | ニュース | 楽天SocialNews | セレブニュース | K-POPニュース | 天気 | メールdeポイント | ツールバー | 楽天不動産 | 辞書 | 翻訳 | 乗換案内 | 楽天レシピ | みんなの調整 | 楽天woman | 恋愛・占い | 楽天ブログ | 楽天プロフィール | みんなで解決!Q&A | ポイナビ | 楽天政治 LOVEJAPAN | ラッキーくじ | ラッキーBINGO |